チャイルドケアセンターの仕事探し(訪問編)

子供達の小学校も始まり、少しずつ慣れてきたので、私も、チャイルドケアセンターでの、仕事探しを始めることにしました。日本にいるうちから、インターネットで大体どのあたりに、チャイルドケアセンターがあるのかなぁ❓とか、チャイルドケアセンターのホームページを見たりしました。

でも、やっぱり、実際に来てみて、はじめて、距離とか実際の雰囲気が分かります。

チャイルドケアセンターでの職探し、予想以上に難航!大難航!!することになりました💧シドニー、メルボルン、ブリスベンとかの大きな都市なら、たしかにチャイルドケアの求人もたくさんあるし、留学生とかでも働いています。

でも、サンシャインコーストは、地方都市。(そして、オージーに人気の、のんびりしたリゾート地らしい。)チャイルドケアセンターの数はある程度はあるけど、職員があまり辞めない!それ自体は良いことなのですが、仕事の空きがない(゚o゚;;❗



ワーホリの方たちがするように、私も、センターを一件ずつ訪れて履歴書配りをすることにしました。この直接訪問の方法、日本では一般的ではないですが、オーストラリアの仕事探しでは、けっこう普通に行われています。(特にワーホリや留学生の間で。現地の人は、電話で聞いたり、公募の求人に応募しています。)

ただ履歴書を渡してマネージャーと話をするだけなのですが(←いや、でも大ごと?)これが、緊張する~~🌀結局、仕事探しがかなり難航して、トータルで20件くらい訪れたのですが、途中から、おかげさまで慣れました(笑)

子供達が小学校にいっている間に、履歴書をプリントアウトしたり、小学校の近場からチャイルドケアセンターを訪れて行きました。地方都市なので、車でチャイルドケアセンター間を移動。1日、数件ずつがやっと。

実際に訪れてみると、各センターごとに雰囲気があって、マネージャーの感じも違っておもしろい( ・∇・)(でも、もちろん緊張中)

どこも、結果は、「スタッフの空きがない」「空きがでたら、連絡するようにファイルに履歴書入れとくね」といった感じ。

「マネージャーがいないから、あとで、マネージャーが来たら履歴書渡して、折り返し電話するね」といったセンターもあったのですが、オージー、基本的に連絡来ません💧

もしかしたら✨と、期待して、待っていると、ムダな時間だけが過ぎていきます...(←私も、この手で多少の時間がムダに過ぎました。)時々、従業員が辞めるタイミングと合って、本当に連絡がくることもあるようですが、どんどん、次に動いた方が良いと、実際に仕事を探してみて、思いました。



仕事探しは、最初からマネージャーがいるかを聞いて、直接マネージャーと話をすることにしました。だって、従業員と話しても、空きがあるかは分からないし、履歴書だけ代わりに渡してもらっても、マネージャーは、いったいどんな人がきたのか分からないだろうと思ったので。

日本だと、職探しの時は、「失礼のないように、礼儀正しく、謙虚に」とかいう感じかと思いますが、
オーストラリアでは、「テンション高めに!フレンドリー!さわやか!」系です。慣れてないし、緊張しているのに、これはむずかしい!

日本はお忙しいところ、失礼いたします。に対して、オージー、

“Hi, How’re you?”→ “Good , thank you. How’re you?” 「フレンドリー&爽やかに✨」です(笑)

そのあと、日本で保育士をしていたこと、仕事を探しているが、今、募集はあるか?を聞いていきました。

その時に、マネージャーからよく質問されたことは、「資格はある?」「どの種類の仕事を探しているのか?」です。(オーストラリアの資格の種類と、保育士の種類は→こちらから)

たいていスタッフの空きがなかったので、この時点で話は先に進まないのですが、中には、世間話をしたり、センターの中を案内してくれるマネージャーもいました。

日本の保育士資格を書き換えて、働くときは、資格の種類に付け加えて「Government approved」とかいった感じでつけたせば、どこのチャイルドケアセンターでも通じました😊 私は、「I have  diploma in Japan, and it’s government approved (in Australia)」といった感じで話していました。

(日本の保育士資格の書き換えについては→こちらの記事です)

チャイルドケアセンターの訪問時間は、保育園の朝の登園時、お昼時、夕方の降園時はさけました。

ちょっと長くなってきたので、仕事探しのお話、次のページに続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。