RSMSビザを目指す

オーストラリアの永住権の種類の中で、私は、RSMSという地方都市限定のスポンサー付き永住権を目指していきたいと思っています。正式には、Regional Sponsorship Migration Schemeというビザです。

このRSMSビザとは、(私の場合)
オーストラリアの指定されている地方都市で、会社にスポンサーになってもらう。
その会社で2年間働くと、永住権になる(住む都市や仕事が自由になる)
RSMSがとれてからの2年間は永住権と同じ待遇は受けられるが、そのスポンサーの会社で働くことが条件。
地方都市に必要な職業リストにある職種であること。
その職種での職歴2年が必要(追記:2018年3月以降は職歴3年に変わりました)
年齢45才以下。
IELTS各スコア6.0以上が、条件です。

 

保育士はこの職業リストに含まれています。(2017年時点の情報です。すでに渡航した今、2018年3月から、この職業リストから保育士が対象外になるかも!?という、うわさが流れています∑(゚Д゚))

地方都市なので、シドニー、メルボルン、ゴールドコースト、ブリスベンなどの大きな都市はここに含まれません。

*地域や条件の改正があるので、確認おねがいしますm(_ _)m



RSMSを目指すことにしたものの、移住を目指す地方都市を選ぶのに、「どこが比較的保育士の仕事が見つかりやすいのか?」「どの小学校が良いのか?」

もちろん知り合いもいなく、オーストラリアでの仕事がすでに決まっているわけではないので、住む場所を選ぶのに、散々迷いました。(←こう考えると、改めて、先の見えない計画ですね💦おそろしい)。。。

ケアンズ、アデレード、パースなど(←パースは2017年、対象地域から外れてしまいました…)あちこち検討しましたが、あまり情報が分からない。エージェント選びの時に迷ったように、その都市に詳しくても、全体が分かるエージェントはほとんどないかもしれません。

私は、最終的に決めたエージェントの方と相談した結果、ブリスベンから北に1時間半のサンシャインコーストという地方都市に行くことにしました。

サンシャインコーストのヌーサです。

名前を聞いたことがないなぁ~。日本人にはまだ、あまり、知名度がないですね。

ネットで調べて、少し旅行の情報や写真が出てきたくらいです。オーストラリアやヨーロッパ系の人の中では、ホリデーに遊びに来るリゾート地といった感じのようです。海沿いののんびりした観光地のようです(^^)

→追記 移民法改正の発表があり、2018年3月以降も引き続きChildcare Worker Room LeaderのポジションでRSMSに応募できます。経験3年が必要?という話を聞くので、応募する時点での正確な情報は移民弁護士に確認してみて下さい。(追記:応募の際、その職種での職歴3年が必要になったそうです)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。