RSMSビザを目指す

オーストラリアの永住権の種類の中で、私は、RSMSという地方都市限定のスポンサー付き永住権を目指していきたいと思っています。正式には、Regional Sponsorship Migration Schemeというビザです。

2019年11月追記:ここで書かれているRSMS Subclass187は、2019年3月に一度、応募時に必要な関連職歴年数が2年→3年に変更があり、その後、2019年11月にSubclass494に変更になっています。チャイルドケアで目指せる永住権は、2019年10月時点では、ほかに新しく、DAMAが出ています。

個人ブログなので、内容が多少、大まかな部分もあります。移民法も頻繁に変更になるため、参考程度の情報として、最新の的確な情報は、専門の移民弁護士の方にご確認お願いしますm(__)m
ブログ内参考ページ:
Northern Territory州DAMA→こちら
Far North Queensland州DAMA→こちら
新Skilled Employer Sponsored Regional(RSMSビザの改訂版)→こちら

 

このRSMSビザとは、(私の場合)
オーストラリアの指定されている地方都市で、チャイルドケアセンターの仕事を見つけ、スポンサーになってもらう。
その会社で2年間働くと、制限のない永住権になる(その後の住む都市や仕事の選択が自由になる)
RSMSの承認が取れてからの2年間は、小学校の学費やメディケア(健康保険のようなもの)など、永住権と同じ待遇は受けられるが、そのスポンサーの会社で働くことが条件。
地方都市に必要な職業リストにある職種であること。
その職種での職歴2年が必要(追記:2018年3月以降は職歴3年に変わりました)
年齢45才以下。
IELTS各スコア6.0以上が、条件です。

保育士はこの職業リストに含まれています。(2017年時点の情報です。すでに渡航した今、2018年3月から、この職業リストから保育士が対象外になるかも!?という、うわさが流れています∑(゚Д゚))

地方都市なので、シドニー、メルボルン、ゴールドコースト、ブリスベンなどの大きな都市はここに含まれません。(2019年11月、こちらも変更になっています。)



RSMSを目指すことにしたものの、移住を目指す地方都市を選ぶのに、「どこが比較的保育士の仕事が見つかりやすいのか?」「どの小学校が良いのか?」

もちろん知り合いもいなく、オーストラリアでの仕事がすでに決まっているわけではないので、住む場所を選ぶのに、散々迷いました。(←今考えると、なぜ保証のない選択肢を選んだのか、びっくりします。)

ケアンズ、アデレード、パースなど(←パースは2017年、対象地域から外れてしまいました…)(←が、2019年11月戻ってきました。)あちこち検討しましたが、あまり情報が分からない。エージェントでも、そこまで情報は分からないですね。。

私は、最終的に決めたエージェントの方と相談した結果、勧められた、ブリスベンから北に1時間半のサンシャインコーストという地方都市に行くことにしました。

サンシャインコーストのヌーサです。

名前を聞いたことがないなぁ~。日本人にはまだ、あまり、知名度がないですね。

ネットで調べて、少し旅行の情報や写真が出てきたくらいです。オーストラリアやヨーロッパ系の人の中では、ホリデーに遊びに来るリゾート地といった感じのようです。海沿いののんびりした観光地のようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。