チャイルドケアセンター(先住民を敬う NAIDOC Week)

ちょっと前になりますが、今月はチャイルドケアセンターでNAIDOC Weekが行われました。
NAIDOCとは「National Aborigines and Islanders Day Observance Committee」の略だそう。オーストラリアの先住民の文化を守ろうという感じかな❓

1週間にわたり、チャイルドケアセンターで先住民についての絵本を読んで教えたり、文化を紹介するアクティビティーが行われました✨

先住民のことは、先生達が「Indigenous People」と言っていました。子供達が分かりやすいように「First people to come to Australia」と説明していて、「We came second」自分たちはそのあとに来たと教えていました。

 

NAIDOC Weekでは、こんな感じのアクティビティーをしました♪

アボリジニ―の国旗を絵の具でぬってみる。
補助をする時は、子供達に見本を見せて、「ここはこの色でぬるんだよ」と伝えました(^^)

筆でアボリジニーカラーの絵の具を手にぬって、子供達の手形をとる。
そして乾かした後は、みんなで写真撮影😊

綿棒を使って、ブーメランを装飾♪

アボリジニーのアートがドット模様なので、ドットで描き、乾いた後は、お部屋に飾ったり、外遊びで投げてみたり✨「ブーメランは、獲物を捕まえるときに投げていたんだよ」と子供達に分かるように説明していました♪

チャイルドケアセンターでは、普段から先住民の国旗や写真が飾られていたり、パズルで遊んだりします。小学校でもアボリジニーアートのぬり絵をよくしています。

↓パズルはこんな感じだったり、先住民の絵や写真だったりします。

先生がドット模様で子供達にFace Paintingもしました♡
(写真は参考画像より。2色くらい使って、こんな感じのドットのペイントです♪)

先住民の文化を伝えることとか、オーストラリアならではのことなので、働きながら、とっても勉強になりました(^-^) 子供の頃からいろんな文化を体験していく子供達。いいですね!



2 件のコメント

  • こんにちは、Kazさん!
    私の働くセンターでも同様なことをやっていました。
    他にも、『Inanay』や『Taba Naba』という歌を振り付け交えて唄うというのが、Toddler/Preschooler共に、毎年の定番になっています。
    日本人の私的には全く馴染みがなくて、最初とても感心したことを覚えています。

    他のセンターの様子を知るのはとても楽しいので、ぜひまた別のイベントについても共有してください!

    • うちのセンターでは、歌はまったくなかったので、初耳です!
      どんな歌なのかな?と思って、調べてみたら、2曲ともとってもいい歌ですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。