留学エージェントを探す

2015年の旅行ですっかりオーストラリアに惹かれてしまい、普段の生活と併行して、移住の情報を集めてみることにしました。

日本と同じ保育士の職業で永住権を目指せるのかについても、調べてみました。カナダも第2候補だったので、保育士の移住をサポートしてくれるエージェントの説明会にも話を伺いに行きました。今回は国が違うので、詳細は省きますが、丁寧に対応してくれました。

うちは、子供もいるので、親子留学系のエージェントと、オーストラリアで移住をめざす系のエージェントにおそらく10か所くらいは問い合わせをしました。

<img src="agent for study in Australia"alt="オーストラリアの留学エージェント”/>

カタ・ジュタの写真です

親子留学系のエージェントは、
子供の小学校入学の手続きをしてくれたり、子供を持つ親としては、サポートがとても心強い!

移住を目指さない母子長期留学が目的であれば、間違いなくお願いしていたと思います。でも、移住関係の情報をあまり持っていない。

移住関係に詳しいエージェントとも何か所かやり取りをしつつ、滞在都市をどこにするかなどの情報も集めました。

逆に、移住関係のエージェントは、子連れでの生活の情報やサポートには詳しくはありませんでした。小学校の手配も当時対象外。

子連れで移住したい時のエージェント選びって、むずかしいですね。。両方を兼ね備えているところがみつからない。

<img src="agent for study in Australia"alt="オーストラリアの留学エージェント”/>

夕方のエアーズロック

それと、エージェントは、それぞれの都市に詳しくて情報をもらえたり、サポートをしてくれるので、

移住や小学校の滞在都市をどこにしようかと決めていない場合、どこに移住するのが自分たちのケースでは良いのか、(めざす職種の仕事が見つかりやすいところ、小学校の違いなど)、都市比較ができない。

小学校の学費も、親のビザの種類によって州の割引料金が違うのですが、どの州がどうすると安く通えるのか、その辺の情報は渡航前に分からないままでした。

最終的に移住関係の情報を教えてもらったエージェントにお願いをしました。有料、無料のエージェントがありますが、無料のエージェントを選びました。

自分が通う学校の手配はしてくれましたが、小学校についての情報、小学校の入学手続き、親子での最初の滞在先探し、その他、最初の生活に必要な全てを、自分で調べて行なうこととなりました。

そして、なんとか無事に滞在都市と移住に向けての流れを決定することができました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。