チャイルドケア永住権 DAMA

ちょっと(かなり?)アップが遅くなりましたが、新しくできた、チャイルドケアで申請できる永住権の種類、DAMA(Designated Area Migration Agreements)についてです。

永住権は、10年、15年くらい前までは、もっと今より楽には永住権が取れていたそうですが、今はオーストラリアは移民が増えてきて、国が規制する方向に進んでいるので、永住権を目指して、たどり着くまでは、みんなとても苦労しています。

学歴、職歴、スポンサー探し、英語力、運とタイミング、そこに至るまでの精神力、経済力など、、たくさんの壁があるので、苦労の末、たどりつく人もいますが、帰国する人も多いです。(いい人が見つかって、パートナービザを申請して永住権につながる人もいます。)

地方都市では、人口を増やそうと、永住権の緩和の方向に少しなってきているのか、永住権につながる新ビザがでてきています。緩和と言っても個人的には、本当に取りやすいのか?ちょっと分からないところです。

申請条件や申請後はつながりやすいのかもしれないけど、地方での仕事探し。都会と違って、求人数自体が少ないとローカルの人でさえ職探しに苦労するのに、留学生がスポンサーが取れるところまで至れるのか?ちょっと考えさせられます。


今までは、チャイルドケアの永住権の最短ルートとして考えられていたのが、RSMS(Regional Sponsored Migration Scheme visa)ビザでした。

主な流れは、Diplomaの資格を取る→卒業生ビザ→地方都市でフルタイム+ルームリーダーのポジションでスポンサーをもらって応募(年齢45歳以下、IELTS6.0以上、職歴3年必要)でした。

チャイルドケアでのDAMAビザは、ダーウィンのあるNorthern Territory州での就職、スポンサーになってもらい、応募できます。

Childcare workerでの応募が可能です。→NT州でDAMAに応募できる職種リスト
421111Childcare workerが入っています。ルームリーダーの記載はありません。

応募には、
・Diplomaの資格が必要です。
・1年間の関係する職歴(週20時間)が必要。←求められる職歴、RSMSフルタイム3年に対して、圧倒的に少ないですね!
・年齢50歳以下
・IELTS5(各バンド4.5以上)←これもRSMSと比べるとかなりゆるいですね!

大まかなことしか書きませんでしたが、
Northern Territory州のDAMAについて、詳しくはこちらに書いてあります。
https://business.nt.gov.au/migration-information-for-business/northern-territory-designated-area-migration-agreement

 

以前にNT州が永住権を目指しやすくなるという話を聞いたときに、最初に思ったのが、チャイルドケアセンターの数っていくつあるの?都市部みたいに職員が不足しているの?でした。(私自身が地方都市での就職探しに苦労したので。)

チャイルドケアセンター数自体がたくさんあるわけではないので、もし、DAMAを目指すなら、最初からダーウィンでチャイルドケアを学んで、実習などからコネを作ったり、カジュアルで働いた方が、外部から来るよりもスムーズかもしれません。でも、同時に、田舎暮らしが好きな人ならいいけど&もともとチャイルドケアに興味があって学びたい人ならいいけど、「永住権のため」が目的になると、永住権は、やはり取れるかの保証もないし、スポンサーが見つかるとも断言できないので、勝手におすすめはしません。

もう1つ、まだ詳しくは分かりませんが、2019年11月から施行予定の新しい地方永住ビザについてです。→リンク

チャイルドケアの職に関わらず、永住権を自力で目指す人達の苦労を滞在中見てきたので、そして、私自身も必死だったので、チャイルドケアで永住権を目指そう!などとはむやみに勧めませんが、一応、情報として、参考にお伝えします。

ただ、永住権は関係なしに、オーストラリアでのチャイルドケア体験自体は、日本の保育と違うので、両方見比べたり、体験できるのは、とてもおもしろいし、いい経験になると思います。
私は、この仕事がとても好きです(^^♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。