オーストラリアの小学校入学手続き

エージェントに相談にのってもらい、私の通う学校の手続きをしてもらいましたが、小学校の入学手続きは当時、対象外だったので、最終的には自分で小学校について調べ、手続きをすることとなりました。小学校探しや手続き、最初の滞在先探しや手配などサポートはなかったです。

とりあえず、インターネットで探してみて、やっとそれらしい機関をみつけました。クイーンズランド州の小学校は、EQI(Education Queensland International)という機関が留学生の手続きをするところになるようです。



普通なら、親子留学の専門エージェントが提携している小学校を手配してくれます。長期留学の場合は、教育機関から手配料がエージェントに入るようなので、申し込む側からは料金を取らずに無料で手続きをしてくれるようです。

親がStudentビザ、子供がDependantビザの場合は、学費が変わってくる関係で、エージェントに紹介料は入らないので、代わりに代行手数料が必要になるようです。

小学校の入学手続きは、ぜひ、親子留学のエージェントにお願いをできると確実で安心なのですが、

私の場合、永住ビザを目指す関係で、地方都市なので、小学校と提携してくれているエージェントがみつからなかったので、このEQIのホームページをひたすら読んで、自分で手続きをすることになりました。

もちろん、手続きなんてしたことがないから、途中、「これはどうなのかなぁ~?」と、疑問もでてきました。



日本で仕事もしていたので、自分でやってみて、行き詰まってできないようなら、きっと、

「長期滞在を目指すな!」「日本で安定して働いて暮らしなさい!」という最終お告げかな?と思うことにし、(← 一体、誰からだ⁉️あやしい…ちなみに宗教は入っていません。)やめておこうかなと、迷いもあったのですが…なんとか試行錯誤しながらも、手続きが進んでいきました。

手続きが上手くいかなかったら、夏休み親子短期留学などのような方向転換も考えようかなと思ったのですが、何とかやり遂げたので、渡航することになりました。

 

ところで、オーストラリアの小学校選びですが、

・子供が学生ビザの時 → 留学生サポートのある、決められた小学校の中から選ぶのですが、
・子供が扶養ビザの時 → どのローカルの小学校でも、校長先生の許可がでればいいようです。

あと、留学生は、いくつか決められた保険会社の中から、OSHC・海外留学生保険に入る必要があります。OSHCは、私自身の学校手配をしてくれたエージェントが、手続きをしてくれました。(家族用は単身者の10倍の金額で、保険料が高かったです。。)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。