家に巨大ヘビが現れる(>_<)

ちょっと前の話になりますが、春先になって暖かくなってくると、ヘビの話を聞いたり、SNSなどでよく見かけるようになりました。(写真は少し閲覧注意かも!?)

スーパーの駐車場、藪の中で発見されたり、ショッピングセンターの荷物を運ぶフォークリフトに紛れていたり...家の中に侵入していたり(>_<)...子供達の通う小学校にも現れました( ;∀;)

サンシャインコーストは、気候も暖かく、水と緑に恵まれているので、暖かい時期は冬眠から目覚めてヘビが出るようです。地元の人達は、もう見慣れていて、特に怖がることはありません。

Pythonと呼ばれる緑系の色のヘビは、毒もなく、比較的穏やかなようです。茶色や黒っぽいヘビは毒があるので、地元の人も嫌がります。でも、さすがに捕まえられる人はそうそういないので、捕まえる必要がある時は、Snake Catcherと呼ばれるヘビを専門に捕まえる人に連絡すると、来て捕まえてくれます。(有料だと思います)

他人事のようにそんな話を聞いていたある日...洗濯物を取り込もうとベランダに出ると、Pythonが昼寝をしているΣ(゚д゚ll 子供の腕位の太さと、2メートルくらいの長さがありました💦

洗濯物、取り込めないΣ( ̄ロ ̄lll)!!

1階に住むオーペア先のママにとりあえず報告💦
すると、運良くも旦那さんがヘビが好きらしく、捕まえられる人だとのこと。友達の家でヘビがでたりすると電話がかかってきたりすることもあるそうです。とりあえず、このパパの帰りを待つことに。

このパパ、怖がることもなく、むしろ喜んでPythonを捕まえてくれました( ;∀;) 1階に住むママと子供、そのお友達母子に見守られ、そして、動画まで撮影されながら捕獲(>_<)

そのあとは、なぜか子供達に「触ってごらん♪」と勧めるオーペア先のパパ。うちの息子もオーペア先の子も触ってみたり、1階までPythonを一緒に運んだりするという、ちょっと異様な光景💦

日本ではおそらく、すぐどこかに連れて行くと思うので、まったくあり得ない状況だと思いますが、1階についてからは、写真撮影会が行われていました( ゚Д゚)✨  もちろん!?赤ちゃんまで一緒に撮影💦

パパ、最終的には、上半身を裸、頭や首にヘビを巻いてポーズをとって撮影という珍事態💧 私も怖いながらも、ヘビが確かに大人しいのでこの光景に見慣れてきてしまいました。「このヘビはFriendlyでしょ❓」と勧めてくるんだけど...たしかに穏やかなヘビだけど、ヘビは、Friendlyって表現するの!?

そんなんで、無事に撮影会も終わり、このヘビはロックされた車の中で一晩を過ごし、翌朝、このパパが遠くの藪に連れて行ってくれました( ;∀;)

 

ほっと、ひと安心していたものの、その2か月後、SNSで1階の家族から新しいヘビが来たよ♪と写真つきお誘いが(+_+)💧 どうやら、パパが近所で見つけて、捕獲して家に連れてきた様子。

翌朝にはまた、遠くに捨てに行ってくれたのですが、とりあえず、子供も夜で寝ていたし2回目はお断りしました。。。

とてもめずらしい体験でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。