オーストラリアの保育指針EYLFについて

オーストラリア版保育指針にあたる「Early Years Learning Framework」についてです。頭文字をとってEYLFと呼ばれたりします。

このEarly Years Learning Framework、チャイルドケアの学校で習うのはもちろん、チャイルドケアの仕事をする上でも多かれ少なかれ知識を求められます。

カジュアルの仕事であれば、Sound Knowledgeとか求人に書かれてもいることももあるので、なんとなく知っている感じでも大丈夫かと思いますが、Diplomaでクラス担任をするようになると、これをもとにしたカリキュラム作成とかにも関わってきます😊

とりあえず、カジュアルのアルバイトであれば、内容について突っ込んで聞かれることもないかと思いますが、

面接でEYLFの存在を知っているか聞かれることも多いと思うし、働くときにもオーストラリアの保育方針について知っておいた方がいろいろ参考にもなるかと思います♪

渡航前に日本で時間の取れるときにあらかじめ読んでみてもいいし、チャイルドケアの学校に通う時も、日本語訳があると、授業がずいぶん楽になるかと思います。



英語で最初のうちは苦労するかもしれないので💦(←私も働き始めの頃は英語に苦戦しました😵)できることなら、少しでも負担が減った方がきっといいですよね✨

そんなんで、日本語訳リンク貼りますので、チャイルドケアの学校に通われたい方、もしよかったら、参考にしてみて下さい♪

保育指針なので、教科書みたいにたくさん書いてありますが💦

こちらです。

カジュアルのアルバイトで働く分には、大体の理解でOKだと思います!内容をつっこんで聞かれたりはしないです。(クラス担任になると、しっかり知っている必要があります。)チャイルドケアの学校に通う時に、ぜひ、役だててください😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。